top of page
  • 執筆者の写真田澤 大生

2023年度 第二回例会を開催しました

記)田澤


6/22 23年度2回目の例会が開催されました。入会予定のYさんが急遽参加できずとなり、残念でした。

尚、決議事項は、第三回(7/20)に持ち越し。今回の例会は、専ら海水会の話題で盛り上がり、釣りに関しては7月にA連峰向け2泊計画が出されました。歩けるのか・・!?

海水会に関してはいつも口を開けて待っているだけでしたので、久しぶりに参加してきました。入会予定のYさんご夫妻もいらして、大変盛り上がりました。イカ釣りにすっかりハマり、8時間夜通しで竿を振り続けて流石にくたびれた・・。

(齋藤さん自作のフラワー)

イカの合わせは、岩魚の餌釣りで針を飲ませないように掛ける感じに似ていて、うまく合わせられると気持ちが良い。

小アジは南蛮漬けにしたかったが、鶴の一声で却下。フライに。小サバは熱湯掛けてから味噌煮。イカの塩ゆで最高。


日付が変わり、6/24-25で会員3名にてマタギサミット2023へ参加。道中で穴熊猟専門のKさん宅と、民話語りべのNさん宅へ訪問し、そちらも含めて面白い話が山ほど聞けた。サミットは、北は北海道から西は京都辺りまで延べ175名の参加、内130名程が懇親会込みの宿泊なので、大変盛り上った。学生も多く、人類学から地球社会研究専攻、それに民俗学系、あとはマタギ衆。懇親会は只見町長の隣席をゲットし、その営業力に感服。


サミット翌日は田子倉集落の猟場を見学し、


叶津番所へ。テンカラ釣り師の瀬畑さんは不在だったが、管理人のKさんとお話出来た。


6/25夕方帰宅し、ヒレ酒を飲んで釣りの準備。



Comentarios


​記事カテゴリ

​投稿月

タグ

まだタグはありません。
bottom of page